0.1mm単位の争い!限界を超えた薄いスマートフォンの戦い

iPhone6以来、世界では「薄い」スマートフォンが大ブームです。

超薄8コア搭載スマートフォン「Vivo Air」

IMG_3885.JPG

2015年1月9日までアメリカで開催されていたCES 2015で、薄さ5.15mmの8コアスマートフォン「Vivo Air」が展示されていました。

iPhone 6の登場以降、スマートフォンのトレンドに「薄さ」という要素があるのはどうやら間違いのないところ。

しかし「世界最薄」の座をめぐる争いは、想像以上に激戦となっているようです。

引用元:Gigazine

この薄さになるとイヤホンジャックは当然ありません。それって結構不便なんですけど…。

スポンサーリンク

現在世界で一番薄いスマートフォン「Vivo X5 Max」

IMG_3887.JPG

2015年1月18日現在発表済みのスマートフォンの中で、世界で一番薄いスマートフォンは「Vivo X5 Max」です。その薄さはなんと4.75mm

「Gionee ELIFE S5.1」が世界で最も薄いスマートフォン(5.15mm)としてギネス認定されてから、僅か数ヶ月で記録を塗り替えた「Oppo R5」(4.85mm)より0.1mm薄いです。

スポンサーリンク

このニュースに関するツイート

薄いの要らない。折れてしまいそうで怖い。

最近のスマホ薄いな…
薄くて何になるの?って話だけどさ

ここまで薄いのはすごいけどバッテリーと強度はどうなんだろうか

ちゃぴの一言

薄くする技術は凄いと思うんですけどね。ただ、割りそうで怖いから絶対いらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です