池袋で車暴走5人が死傷。逮捕された医師「何が悪いんだ!」と暴れる。

8月16日午後9時35分ごろ、東京都豊島区東池袋のJR池袋駅近くで、暴走した車が歩道に乗り上げ、店舗に突っ込みました。

警視庁によると、歩行中の25~71歳の男女5人がはねられたということです。

池袋で車が暴走…5人が死傷

8月16日午後9時35分ごろ、東京都豊島区東池袋のJR池袋駅近くで、自称医師の金子庄一郎容疑者の運転する車が暴走。

暴走した車は歩道に乗り上げ、店舗に突っ込み、歩行中の男女5人をはねました。

このうち板橋区成増の薬剤師江幡淑子さん(41)が頭を強く打ち、搬送先の病院で17日未明に死亡、4人が重軽傷を負いました。

スポンサーリンク

逮捕された自称医師の供述

同庁池袋署は、車を運転していた自称医師の金子庄一郎容疑者(53)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。

死者が出たことで、過失運転致死傷容疑に切り替えて調べを進めています。

金子庄一郎容疑者は「駅近くでラーメンを食べて車に乗った。歩道に突っ込んだ記憶はない。疲れていて居眠りをしてしまったので、覚えていないのかもしれない。」などと供述しているとのこと。

現場にはブレーキ痕はありませんでした。

スポンサーリンク

「何が悪いんだ!」と暴れる

事故の目撃者によると「私が見たのは(容疑者が車から)引きずり下ろされるところだけ。でもその感じからしてもそんなに普通ではない。」との話が。

また、別の目撃者は「車の下敷きになっている人がいてやばいなと。(容疑者は)何が悪いんだよ、捕まえろよとずっと言っていた。かなり暴れていましたね。」と語りました。

事故当時の状況

現場はJR池袋駅東口から約150メートルの家電量販店などのビルが立ち並ぶ繁華街。

池袋署によると、金子容疑者が運転していたのは乗用車で、現場近くの地下駐車場から出た後、50メートルほど暴走。

歩道に乗り上げてビル1階の衣料品店に突っ込み止まったといいます。同乗者はいなかった。

警視庁が引き続き、事故の詳しい状況を調べています。

スポンサーリンク

危険ドラッグか、飲酒運転か

池袋駅前では昨年6月にも、歩道を車が暴走、歩行者ら7人が死傷する事件が起きています。

この事件では、危険ドラッグを吸引して運転したとして、会社員の男が起訴されました。

ニュースを見た人からは今回の事故も、飲酒運転ではなく、危険ドラッグの吸引によるものとの見方が強いようです。

▼ 関連記事
[blogcard url=”http://topicoco.com/post-1371″] [blogcard url=”http://topicoco.com/post-1331″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です