microSDはデフラグしないで!今更聞けないAndroidの常識。

image

パソコンを使用する人ならば『デフラグ』という言葉をご存知かと思います。

そしてなんとなくAndroidスマホなどに使用するmicroSDも『デフラグした方が良い』という認識の方も多いでしょう。

でも、ちょっと待って下さい。microSDはデフラグしない方が良いのです。

今回はその理由をご説明したいと思います。

そもそもデフラグとは?

パソコンの経験が長いと、使い続けるうちにディスクの読み書き速度が低下する現象に遭遇したことがあるかもしれません。

それは、ディスクの断片化(フラグメンテーション)によるもので、補助記憶装置に対しファイルの書き込みと削除を繰り返し行うことが原因です。

論理的には連続していても物理的に離れた位置にファイルが記録されると、読み出し装置の物理的な移動幅が大きくなり、それが速度低下を引き起こします。

そのフラグメンテーションを解消するための作業がデフラグメンテーション、通称『デフラグ』です。

補助記憶装置上のファイルを先頭から再配置しすることで、断片化してしまった領域が物理的に連続するようになり、読み出し速度も改善されます。

スポンサーリンク

何故microSDはデフラグしてはいけない?

現在のOSは、フラグメンテーションを起こしにくいよう(あるいは定期的に自動実行するよう)改良されています。

しかし、それでもある程度フラグメンテーションは発生します。

AndroidOSも例外ではなくmicroSDを取り出してパソコンで確認すれば、フラグメンテーションが発生していることがわかります。

しかし、AndroidOSにかぎらずmicroSDを含むフラッシュメモリにデフラグは必要ありません。

ハードディスクには読み取り用のヘッダやアーム、高速回転するディスクなど可動部が多く、ファイルの記録位置が物理的に離れていると読み取り速度が低下します。

しかしフラッシュメモリを利用した記憶媒体であるSDカードには可動部が存在しません。

書き換え可能回数の上限が少ないというフラッシュメモリの特性もあり、デフラグは避けるべきなのです。

スポンサーリンク

速度低下を感じたらどうすればいい?

上述しましたが、microSDにフラグメンテーションが発生しないということではありません。

パソコンのユーティリティソフトを使うなどしてデフラグを実行することは可能ですし、実行すれば多少の性能向上もあります。

しかし、大量の書き込みを行うデメリットのほうが大きく、可動部があるハードディスクほどの効果も期待できません。

どうしてもデフラグ相当の効果を得たいのならば、内容をバックアップしてから初期化(フォーマット)し、その後書き戻すほうが合理的です。

まとめ

いかがでしたか?

今回はついやってしまいがちになる『デフラグ』についてお話させて頂きました。

ご心配な方はフラグメンテーションが起きても、不満を感じない性能のmicroSDをご使用して頂きたいと思います。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDHC10E (FFP)

新品価格
¥1,650から
(2015/6/28 22:21時点)

また「SDに保存しているから大丈夫」ではなく、万が一に備えて複数の補助記憶装置にデータのバックアップをとっておくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です