恋愛にセックスは必要ない、人工授精で子作りする絶食系カップル

image

最近は草食系の上をいく“絶食系男子”という言葉がありますが、セカンド童貞歴7年の島村晃司(仮名・38歳)さんもそんなひとり。

「昔から女性に対して、ヤリたいとかムラムラした感情が湧くことは皆無だった」と話します。

若いときはそれで悩んだこともありましたね。

俺、ゲイなのかなって思ったりもしたけど、男性で興奮することもなかったですし、ますます訳がわかりませんでした

20代の頃は3人の女性と交際。

いずれの相手とも自らセックスを誘うことはなく、毎回相手に求められて応じていたといいます。

別にEDではないですし、やろうと思えば普通にできます。

でも、自分の恋愛観ではセックスを必要としていないんです。

むしろ、なくてもいいくらい。

いつも元カノたちの要求に応えるのがツラくなり、僕が避けるようになって別れるのがパターンでした

それで20代後半からは恋人もつくらず、仕事生活を送っていた島村さん。

しかし3年前に友人の結婚式で知り合った4歳年下の女性と交際。

なぜ再び付き合うことにしたのでしょうか?

彼女もセカンド処女で、恋愛にセックスは必要ないとの考えの持ち主。

つまり、僕と似た価値観を持っていたんです。

キスや抱きついたりはするけど、Hはなし。それでも今もラブラブですよ(笑)

互いに納得しているなら今の状態でいい気もしますが、「そんなに単純な話でもない」と島村さんは話します。

僕も彼女も一人っ子のため、両親から『早く結婚して、孫を見せて!』ってプレッシャーがキツいんです。

二人とも子供は欲しいですけど、そのためにセックスしなきゃと思うと本当に憂鬱。

割り切って考えればいいのですが、二人にとってはそれが一番の不安ですね。

だから、彼女とは人工授精の方向で話し合っています

性欲の薄い人間にとってセックスとは、むしろ回避したい行為なのですね。

筆者(女)には理解しがたいのですが、こういった方が増えているのもまた事実。

パートナーとの接し方は多様化しているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です