さとう珠緒勝訴、前事務所に3000万円訴訟

タレントのさとう珠緒さん(42)に対し、前所属事務所の女性社長が約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁で行われました。

image

原告の請求が棄却され、さとう珠緒さん側の主張が認められる勝訴となりました。この日は原告、被告双方の代理人はともに欠席していました。

原告側は、04年に、追徴税が払えないというさとう珠緒さんの母親に貸した1000万円の半分以上が未返済であることなどで損害賠償を請求していました。

このニュースに対する反応

この人はタレントとしての価値はあるんだから、ホリプロとかナベプロとかの大きな事務所が引き取ってやればいいのに。

タレントの給与が分かった点と、身内が勝手に借金する事実がわかりました。周1の司会していた時期が年俸2000万、その後が1000万、タレントさんが際どい写真集を出すのも頷ける。

多いな事務所移籍にともなうドロドロの金銭訴訟。有吉がよく言う「こんな汚え世界!」こういう話も含めてほんとなんだろな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です