【過去最悪の改名】公職選挙法違反?生活の党と山本太郎となかまたちに改名。

政治の世界では、私たちには理解しがたいようなことが起こります。

党名もその一つであり、「幸福実現党」「たちあがれ日本」などが出た時は「この政党は与党になる気はないだろう」なんて思ったものです。しかし26日、史上最悪とも言える政党名改名が起きました。

生活の党に山本太郎議員が入党!

IMG_3225.JPG

無所属で活動していた山本太郎議員が26日に生活の党に入党。そして生活の党の名前が「生活の党と山本太郎となかまたち」という党名に変更されました。

率直な私の意見です。→「は?」

おそらくふざけているわけではないんでしょうが、どんな意図があるのか全く見えてきません。

山本太郎議員とは

IMG_3224.JPG(出典:ガールズチャンネル

山本太郎議員は1974年生まれの現在40歳。元々はタレント・俳優として多くのテレビ番組や映画で活躍していました。

2011年4月から反原発運動を開始し、2012年12月に衆議院議員総選挙への出馬を表明しました。

その際、政治団体「今はひとり」の立ち上げを表明しましたが、最終的には無所属での出馬となり落選しました。

その後、2013年7月の参議院議員通常選挙で無所属で出馬し初当選されました。

反原発を強く唱える山本太郎議員

山本太郎議員の政治公約は以下の通りです。

被曝させない
原発の即時撤退・ガスコンバインドシステムと小規模水力の推進・国民が情報を得て避難できる権利の確立など
TPP入らない
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は交渉内容が不透明であって、アメリカでは国内法が条約よりも優先されているのに対して、日本では条約が国内法に優先されるのは不利、日本には交渉する余地がないと判断して反対。
飢えさせない
生活保護の不正受給は正されるべきだが、受給条件の厳格化は反対。「教育」「医療」「介護」の無償化を推進。
(引用元:Wikipedia)

中でも、反原発に対しての意識が強く議員当選前の2011年4月に自身のTwitterで「黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ」と発言。翌日には原子力撤廃デモに参加しました。

スポンサーリンク

生活の党とは?

IMG_3227-0.JPG

生活の党は小沢一郎議員が代表を務めています。

山本太郎議員が入党したことにより国会議員の党員が5名になり、来年から政党交付金を受け取れるようになりました。

生活の党と山本太郎となかまたちの所属議員の反応

なんと、気に入っています・・・

国民の反応

・反対派

・肯定派

肯定派の方は生活の党と山本太郎となかまたちという党名に賛成というよりも、山本太郎議員が生活の党に入党することに賛成という印象を受けました。

スポンサーリンク

公職選挙法に抵触しないの?

公職選挙法では政党名に個人名を入れることが禁止されています。しかし、今回の場合はその違反にはならないようです。

禁止されているのは一部の個人名

公職選挙法で禁止されているのは、「代表者若しくは参議院名簿登載者としようとする者の氏名」だそうです。

山本太郎議員はこのどちらにも当てはまらないため、公職選挙法に抵触しないそうです。

公職選挙法
(参議院比例代表選出議員の選挙における政党その他の政治団体の名称の届出等)
第八十六条の七  第八十六条の三第一項に規定する政党その他の政治団体のうち同項第一号又は第二号に該当する政党その他の政治団体は、参議院議員の任期満了の日前九十日に当たる日から七日を経過する日までの間に、郵便等によることなく、文書で、当該政党その他の政治団体の名称及び一の略称を中央選挙管理会に届け出るものとする。この場合において、当該名称及び略称は、その代表者若しくは参議院名簿登載者としようとする者の氏名が表示され、又はそれらの者の氏名が類推されるような名称及び略称であつてはならない。

難しいことをダラダラ引用してみましたが、ようするに・・・

・山本太郎議員が「生活の党と山本太郎となかまたち」の代表になる
・山本太郎議員が比例代表として出馬する

この2つのどちらかに当てはまらなければ大丈夫なようです。

まとめ(個人的な意見です)

小沢一郎議員は民主党代表として活動されていた時期もありましたが、様々な問題が重なり・・・とは言え何故こんなことになってしまったのか。

山本太郎議員も元々は人気タレントとして活躍されていたんですがねえ。人間どう転ぶのかわからないものです。

しかし、今後このような党名の政党が与党になることはないでしょう。そして作っては壊してを繰り返す政党ごっこは、一体いつまで続くのでしょうか。

こんなことをしている暇があるのなら、もう少しやることはないのかと思ってしまいます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です