息子が父親に灯油、父親が息子にカナヅチ!2人とも殺人未遂で逮捕

image

親子関係が悪化して自分の親を殺す事件などもある中、今回は親子で殺し合おうとした事件です。

親子まとめて殺人未遂で逮捕

千葉西署は9日までに、父に灯油を浴びせて火を付け殺害しようとしたとして殺人未遂と現住建造物等放火未遂の疑いで千葉市美浜区、無職の長男(32)を逮捕しました。

そして、長男を金づちで殴り殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いで同居する自称調理師の父(64)を逮捕しました。

image

長男の逮捕容疑は8日午後1時10分頃、自宅で石油ストーブの灯油を父に浴びせて部屋にもまき、火を付け殺害しようとした疑いです。

image

父親の逮捕容疑は長男の後頭部を金づちで複数回殴り殺害しようとした疑い。長男は全治約1週間の軽傷。父親にけがはありませんでした。

同署によると、親子げんかが高じて長男が灯油をまき、激高した父が制止するため殴ったとのこと。

2人はいずれも容疑を認め、それぞれ「殺そうと思った」などと供述しているといいます。

この事件は帰省していた長女(27)が110番通報して未遂でおさまりましたが、このまま続いていたら…恐ろしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です