つながりやすさに基準を。総務省が加熱するスマホPRに釘を差す。

皆さん、スマートフォンはお持ちですか?そのスマートフォンはどこのキャリアですか?そのキャリアはつながりやすさNo1をうたい文句にしていませんか?

こうした加熱するスマートフォンのつながりやすさに基準が設けられることになりました。

総務省「つながりやすさ」に基準を

image

スマートフォンのインターネットへの「つながりやすさ」について、総務省は9日、携帯電話各社の宣伝競争が過熱しているとして、通信速度を公平に測る基準を定めることを明らかにしました。

各社はそれぞれ「つながりやすさナンバーワン」と宣伝しているが、都合の良いデータを使って、消費者に正確な品質を示していないと指摘されています。

同省は5月にも指針を示し、過激な広告競争を是正させたい意向です。

都合のいい「つながりやすさ」はダメ!

総務省は、携帯各社がさまざまな調査結果から有利なデータを選んでつながりやすさを主張する傾向に歯止めをかける必要があると判断しました。

つながりやすいはずなのに…相次ぐ苦情も

また各社は、限られた条件でだけ実現する「最高速度」をアピールしているため、電波が混雑している場所、時間帯などでは、実感する速度との乖離(かいり)があります。

このため、どのような条件でつながりやすいか基準がなく、消費生活センターなどには利用者からの苦情や相談が多く寄せられているといいます。 

今後基準を設けることで、正しいつながりやすさが発表されると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です