嵐・相葉雅紀、月9初主演決定!「半沢直樹」池井戸潤氏とタッグ

嵐の相葉雅紀さん(32)が4月スタートのフジテレビ系「ようこそ、わが家へ」(月曜後9・0)で月9ドラマに初主演することが2月1日、分かりました。

気になる内容は?

内容はTBS系「半沢直樹」などで知られる作家、池井戸潤さん(51)原作のサスペンスタッチのホームドラマ。

相葉雅紀さんはストーカーの標的となる家族の長男役を演じます。二転三転する展開は必見。

原作とドラマは違う視点で

image

「ようこそ、わが家へ」は、「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」で知られる池井戸氏の同名小説が原作です。

発行部数約50万部で、ストーカーからの執拗な嫌がらせに立ち向かう家族を描いたサスペンスタッチのホームドラマ。

原作では父親が主役だが、ドラマでは息子を中心として描かれます。

スポンサーリンク

嵐で3人目の月9主演

image

その息子である主人公・倉田健太を演じるのが相葉雅紀さん。

気弱な性格の商業デザイナーで、駅で割り込み乗車をしようとした男を注意したことを機にストーカー行為に見舞われるという役どころです。

相葉雅紀さんは2年ぶりのドラマ出演ですが、嵐では松本潤さん(31)、大野智さん(34)に次いで3人目の月9主演となりました。

相葉雅紀月9主演について

相葉雅紀さんは「月9という子供の頃から親しんできた枠で、池井戸さん原作のドラマに参加させていただけることに、大変驚いていますが、とても光栄に思います」と驚きと喜びの入り交じった心境を明かしました。

フジの制作担当者は、「強さと優しさを兼ね備え、青年から大人の男性へ変身する過渡期である相葉さんに演じていただきたかった」と起用理由を説明しました。

フジテレビ系では初めて原作が連続ドラマ化されることになった池井戸氏は、「ドラマならではのオリジナル登場人物やエピソードを楽しみにしています。原作にとらわれず、新しくて面白い『ようこそ、わが家へ』を作ってください」と期待を寄せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です