全豪テニス、ジョコビッチがマレーを破り2年ぶり5度目の優勝!

オーストラリア・メルボルンで開催されていた「全豪オープンテニス2015」(本戦1月19日~2月1日/ハードコート)の最終日。

ジョコビッチvsマレー

大会のフィナーレを飾るのは男子シングルス決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードのアンディ・マレー(イギリス)を7-6(5) 6-7(4) 6-3 6-0で破り、2年ぶり5度目の優勝を飾った。 

試合時間は3時間39分。ジョコビッチは昨年のウィンブルドン(芝コート)に続いて、グランドスラム通算8度目のタイトル獲得となった。

過去の2人の戦歴

ジョコビッチとマレーはともに1987年5月生まれの27歳。

両者の対戦は2006年から今回で24度目となり、これまではジョコビッチの15勝8敗。

グランドスラムでは6回顔を合わせており、ジョコビッチの4勝2敗。

決勝では2011年と13年の全豪ではジョコビッチ、2012年ウィンブルドンと2013年全米オープン(ハードコート)ではマレーが勝っています。

全豪ではこれが4度目の対戦となり、過去3戦はすべてジョコビッチが勝利をおさめていました。

ジョコビッチ選手について

image

ジョコビッチは準々決勝で第8シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を7-6(5) 6-4 6-2で破るなど、準決勝までの5試合をすべてストレート勝ちで4強に進出していました。

準決勝ではディフェンディング・チャンピオンで第4シードのスタン・バブリンカ(スイス)との3年連続となった対戦を7-6(1) 3-6 6-4 4-6 6-0で乗り越えての決勝進出でした。

昨年は準々決勝でバブリンカに4連覇を阻まれています。

マレー選手について

image

マレーは全豪では3度の準優勝(2010年、11年、13年)の実績があり、グランドスラムは2012年の全米と2013年のウィンブルドンを制しています。

2012年にウィンブルドンで開催されたロンドン五輪では金メダルを獲得した実績も。

昨年は準々決勝でロジャー・フェデラー(スイス)に3-6 4-6 7-6(6) 3-6で敗れていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です