青森LED信号機に課題。雪が溶けず見えないという致命傷が

青森県内で導入が進む発光ダイオード(LED)型の信号機。

しかしこのLED信号機に対して、この時期ならではの課題が生まれています。

見えない!危ない!LED信号機!

image

上記の写真を見てもわかるように雪で信号がとても見えにくくなっています。高い節電効果をもたらす一方で、熱を帯びにくいLED。

冬季は信号機のレンズについた雪が溶けず、ドライバーからは「見えづらい。どう進んでいいのか怖いときもある」との声が上がっています。

県警は委託業者や署員による「人海戦術」で除雪していますが、対応には限界があるようです。

このため昨年9月、県や県産業技術センターなどとLED型信号機の着雪・凍結対策を検討するワーキンググループを設置しました。

産学官が連携して、寒冷地でも雪のつきにくいLED型信号機の開発を進めています。

青森県は全信号機をLED化にする

image

県警交通規制課によると、県内でLED型信号機が導入されたのは2003年度から。

13年度末までに車両、歩行者、矢印用合わせて8810灯が設置され、全体の34.1%を占めています。

またメーカーは従来の電球型信号機の製造を終了しています。

今後、信号機の新設や取り換えの際は全てLED型になるということ。

スポンサーリンク

今後の対応はどうなる?

LED型は電球型に比べて電気料が約5分の1と節電効果が高く、寿命も約10年と電球型の1年よりも大幅に長いです。

また、西日でも見やすいなどのメリットもあります。

しかし発熱によって発光する従来の電球型と異なり、半導体を利用するLED型は発熱量が少ない。

このため、信号のレンズについた雪が溶けず、信号が見えづらいケースが生じるのです。

同市の40代のタクシー運転手は「普段は電球の信号機よりも見やすいけど、吹雪の後は雪で真っ白。はっとすることがある」とコメント。

別のタクシー運転手(68)は「信号の色や矢印信号が見えず怖い。前の車の動きを見て判断することもある」と話しています。

県警は委託業者に除雪を要請したり、署員らが先端にブラシの付いた長さ5メートル以上の棒で雪をかき落とすなどしています。

しかし「県内全てのLED型信号機を除雪できるわけではない。人海戦術では限界がある」と同課の服部修次長は言います。

ワーキンググループは、県警、県、県産業技術センターのほか、東北職業能力開発大学校青森校、公益財団法人「21あおもり産業総合支援センター」が参加。

昨年4回の会合を開き、LED型の課題の検討などを行ってきました。

将来的には研究成果を公表し、県内外の公募企業と積雪地域でも着雪しないLED型の商品化、事業化を進める意向です。

車両用信号機の商品化後は、矢印用信号機などへの応用も視野に入れる。

座長を務める工藤彰交通企画課交通行政官は「現状では完璧に着雪を防げる信号機はない。雪に強いLED型を商品化できれば、県の産業の一角にもなり得る」と語りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です