【動画】斧で77歳の女性を殺害した19歳の名古屋大生。本人のツイッターの内容や本名が判明

「人を殺してみたかった」と供述している、名古屋大学の19歳の女子大学生。

名古屋市内のアパートで斧で女性(77)を殺害した疑いで逮捕された彼女は、そう話したといいます。

今回私はその女子生徒のツイッターアカウントを特定したため、そのツイートを添付していきます。

未成年のため報道では本名は伏せられていますが、ネットではすでにフルネームが判明しています。

(null)

名前:大内万里亜(おおうち まりあ)
生年月日:1995年10月5日
在籍大学:名古屋大学理学部
所属:リーダー部
出身中学:仙台市立上杉山中学校?
出身高校:宮城県私立聖ウルスラ学院英智高等学校(偏差値45 – 65)
※特別志学コースType1(65)、特別志学コースType2(58)、尚志コース(45)
血液型:A型
趣味:薬品コレクション
特技:しりとり
今後の目標:警察にお世話にならないよう頑張ります
ひとこと:私は清楚です。

こちらが今回の加害者の女子大生です。見た目は活発で本当に普通の女の子ですね。

今回ツイッター内容の公開はプライバシー保護の観点から、ユーザー名などはモザイクをかけています。

普段は普通の明るい子だった

同級生らは「明るい子」と口をそろえるています。しかしその一方で、女子生徒はツイッターに「『殺してみたい』人は沢山(たくさん)いる」と投稿していました。

大学生を知る大学の同級生らは「見た目がボーイッシュで、明るい女の子」と口をそろえる。体育会系の部活動に所属し、精力的に活動していたといいます。

スポンサーリンク

女子大生のツイートの内容

(null)

事件があったとされる昨年12月7日には、「ついにやった。」とツイートしています。

(null)

他のユーザーに向けて「同じ趣味の方がいると嬉しいです(^v^)あまり理解者がいないものですから・・・笑酒鬼薔薇君もタリウム少女も大好きですよ♪」とツイートしています。

(null)

同じように他のユーザーに対し、「宅間も良いが、自分は加藤智大の方が好きかな」とツイート。

(null)

昨年12月5日には「名大出身死刑囚ってまだいないんだよな」とツイート。自分がその第一号になりたいという意思表示だったのでしょうか。

このようにこの大学生のツイッターでは様々な殺害や殺人に対する憧れなどのツイートが溢れています。

そして何より恐ろしいのは彼女と同じような思考を持つ相手がいるということです。

スポンサーリンク

仲の良い先輩に打ち明けた相談

「親が破綻した。家計が苦しい」と昨年9月ごろ、女子生徒は、部活の先輩の男子学生(19)に悩みを打ち明けていました。

この相談を受けた男子生徒 は女子生徒について「明るい性格」としています。

その一方で「変わった言動があった。凶悪犯罪の犯人に興味があると冗談交じりに話し掛けられた」と振り返っています。

事件前の行動

大学生は昨年12月、この男子学生に対し「大家と(家賃について)交渉しないといけないので、(7日は)部活は休みます」と告げています。

その後、「休学が決定しました」「(実家の)東北にいます。次の週には帰れるようにします」とメールで伝えてきました。

学生は心配になって何度か電話したが、つながらずに音信不通になっていたといいます。

被害者は殺害される日に行動を共にしていた?

亡くなった森外茂子さんはキリスト教系の宗教団体の信者で、熱心に布教活動に取り組んでいたといいます。

森さんと約20年の付き合いがあるという女性信者(60)は「親切で、聖書についてわからないことがあると熱心に教えてくれた」。

昨年12月7日の集会に参加した後、行方がわからなくなり、心配していたといいます。

森さんは集会に20歳くらいの若い女性を連れてきた。皆さんで歓迎して、女性は『来週も来ます』と話していました。

森さんは『素直でいいお嬢さん』と言っていた」と話していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です