男性死亡、ヒグマに襲われた可能性濃厚

日常生活でクマに遭遇するなんてことは、一生に一度ある方が珍しいのですが、山間部ではそうとは言えません。

ヒグマに襲われた可能性濃厚、男性が死亡

image

26日午後3時50分頃、北海道標茶(しべちゃ)町塘路(とうろ)原野の山林で、木の枝を伐採していた男性作業員が頭や顔から血を流して倒れているのを、仲間の作業員が見つけて北海道警弟子屈(てしかが)署標茶駐在所に通報しました。

男性は町内の病院に運ばれましたが、間もなく死亡が確認されました。

死因は頭蓋骨骨折で、頭にはえぐられたような傷があったといいます。

約1時間前に仲間が現場付近でヒグマを目撃しており、同署は男性がヒグマに襲われたとみて、男性の身元の確認を進めているところだそうです。

同署によると、男性は仲間5人と作業していました。

同日午後2時30分頃、仲間がヒグマを見つけて避難を呼びかけたため、作業員たちは車を止めた場所まで逃げました。

しかし、男性の姿が見当たらなかったため、作業員たちが捜したところ、ヒグマのすみかのような穴の近くで倒れていたのが発見されたということです。

同町の要請を受け、地元のハンターが付近を捜索したが、クマはまだ見つかっていないそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です