【動画】エスカレーター逆走事故の報告書が公表され、原因はボルトの緩みだったと判明!

IMG_3901-0.JPG
スポンサーリンク

2008年8月に東京ビッグサイトで起きたエスカレーター逆走事故がありました。

このエスカレーター逆走事故に関する報告書を、2015年1月19日に国土交通省の審議会が公表しました。

エスカレーター逆走事件の報告書が公表

IMG_3901.JPG

 東京都江東区の東京国際展示場(東京ビッグサイト)で2008年8月、上りエスカレーターが逆走、乗客10人が軽傷を負った事故の原因を調査していた国土交通省の審議会は19日、モーターの土台を固定するボルトが緩んでいたことが、逆走の原因となったとする報告書を公表した。

 当時は人気アニメのフィギュアを展示、販売するイベントが開かれ、最大で125人が乗っていたと推定。

事故直後は重量オーバーが原因とみられていたが、乗客の総重量はブレーキの許容範囲内だった。

しかし制動力に十分な余裕がなかったことなどから、いったん始まった逆走を止められなかったと分析した。

引用元:47News

スポンサーリンク

このニュースに関連する反応

ワンフェス実行委員会側の「整列はちゃんとしていた」という主張は通りそうだな。

今ごろ、報告が公表されたのか。ボルトの緩みって……。

ワンフェスのエスカレーター逆走事故、ついに来た! 電動機の能力不足は既知の問題だったが台座緩みは初耳だ。これは点検不良か設計ミスか…

ちゃぴの一言

2008年に起きた事故の報告書が今更公表!?そんなに調べるのに時間がかかるものなんですか…。2度とこういったことがないようにしてほしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。