Apple社、1つのイヤホンを2人で使うための特許を取得。ネットの反応は?

wpid-wp-1433312532578.jpeg
スポンサーリンク
image

米Apple社はイヤホンの日常的使い方を便利にする巧妙な方法の特許(via AppleInsider)を取得しました。

特許書類に書かれたヘッドホンは、それぞれのイヤホンを複数のユーザーが使っていることを検出し、ステレオからモノラルへ自動的に切替えたり、全く異なるオーディオストリームを流したりするとのこと。

一つのヘッドセットを2人で使うのは公共交通機関等でよく見かける光景です。

Appleの特許によって、リスナーは単一トラックで最大限高品質な音楽(左か右どちらかのチャンネルではなく)を聞いたり、好みの異なる音楽やポッドキャストやラジオ局を2人が別々に聞いたりできるようになります。

イヤホンはどうやって1人ではなく複数の人が使っていることを知るのでしょうか?

特許によると、複数のセンサーを用いて、単一あるいは複数ユーザーモードで動作すべきかどうかを判別するそうです。

例えば、ケーブルのY分岐点にかかる張力センサーや、光検知器、静電容量センサーなどを使って、装着状態や角度を推測するとのこと。

Appleの発明が最初に特許として出願されたのは2012年のことで、おそらく製品として出荷される可能性は高くありません。

しかし、このアイデアの陰には、人々が生活する中で実際に使っているやり方に、Appleの研究開発部門が目を配っている様子が表われています。

実際これが必要となる場面に遭遇すれば、便利であることは間違いないでしょう。

ネットユーザーの反応

・複数のイヤホンに同じ出力するのと勘違いした。

・『異なる音楽やポッドキャストやラジオ局を2人が別々に聞いたり』て、1台を2人で使う意味あるのかね?リア充と言うよりビンボー?

・左耳にはめた方がLチャンネルになる技術を早く!!

・ 何で誰もくだらねー特許だなって突っ込まないのか

・ ずいぶんリア充向けの発明じゃないか。

賛否両論あるかとは思いますが、特許を取れるほどの技術や発想力があるのは素晴らしいもの。

今後も更なる発展に期待したいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。