日本年金機構にサイバー攻撃。125万件の個人情報が流出

wpid-wp-1433150693186.jpeg
スポンサーリンク
image

日本年金機構は6月1日、職員の端末がサイバー攻撃を受け、個人情報約125万件が外部に流出したと発表しました。

いずれも加入者の氏名と基礎年金番号が含まれ、うち約5万2000件には住所や生年月日も含まれていたということです。

日本年金機構は警察に通報し、捜査を依頼しました。

日本年金機構によると、電子メールの添付ファイルを開封したことで端末がウイルスに感染し、不正アクセスを受けたということです。

情報流出は5月28日に判明しました。

基幹システムである社会保険オンラインシステムへの不正アクセスは今のところ確認されていないそうですが、さらに調査を進めています。

流出したのは約125万件の基礎年金番号などです。

うち約116万7000件には生年月日が、約5万2000件には住所と生年月日が含まれていました。

日本年金機構は6月2日から、情報が流出した加入者から年金の手続きがあった場合には、本人確認をした上で手続きを行うとのこと。

今後、基礎年金番号を変更して対処する方針だということです。

流出した加入者には個別に通知して謝罪するとともに、不審な連絡があった場合の専用電話窓口を設置しました。

電話番号はフリーダイヤル(0120)818211

年金といえば成人すると半強制的に加入させられるものなので、流出するなんてとんでもないことですよね。

「自分の情報が流出しているのでは?」と不安に感じる方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

今後このようなことがないよう、再発防止に力を注いでほしい限りです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。