同性婚!一ノ瀬文香と杉森茜が挙式。婚姻届は「今週中に出しに行く」

wpid-unnamed.jpg
スポンサーリンク
image

女性同士での挙式を発表していたタレント・一ノ瀬文香さん(34)と女優・杉森茜さん(28)が19日、東京・新宿区のBATUR TOKYOで人前式および披露宴を行いました。

終了後に2ショットで結婚会見に出席し、一ノ瀬文香さんは、「リゾート風な人前式を行いました」と報告。

披露宴について杉森茜さんが「みんなの拍手と笑顔がうれしかった」と振り返ると、一ノ瀬文香さんは「こんなに大きな拍手は聞いたことがない…」と思い出し、瞳を潤ませていました。

式では、そろってウエディングドレスに身を包み、指輪の交換や誓いのキスを行いました。

2人の晴れの日を親族や関係者ら約80人が祝福。

芸能人ではシルク、りあるキッズ安田、杉森が出演したテレビ番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』(日本テレビ系)で共演したタレントたちが出席しました。

日本では同性婚が法的に認められていないですが、2人は「今週中に婚姻届を出しに行く」と明かしています。

杉森茜さんは「やってみないとわからない。不受理の気持ちからまた新しいことができるかなと思う」といい、今回マスコミに挙式のことを公表し、行ったことについては「後の人が(同性婚を)もっとやりやすくなるように」と語りました。

パートナーとして人生を歩んでいくことを決めた2人は、今日“誓ったこと”について、一ノ瀬文香さんが「おいしいものを、ゆっくり食べに行く時間は作っていきたい」と紹介すると、杉森茜さんは「寂しくて泣かせないようにしなきゃ」と約束していました。

新婚旅行へは杉森茜さんの希望で、『赤毛のアン』の舞台となったカナダのプリンスエドワード島へ行く予定とのこと。

子どもは「いつかほしい」という杉森茜さんの意思を尊重し、一ノ瀬文香さんは「もともと欲しい気持ちがなかったのですが、茜ちゃんが子どもを欲しいのは知っていますし、準備して一緒に育てていきたい」と改めて語っていました。

2人は2012年10月、新宿のゲイが多く集まるアートバーで出会い、数回のデートのち交際に発展。

交際後すぐに杉森茜さんは「結婚したい」と意志を告げていました。

一ノ瀬文香さんは2009年4月に、写真週刊誌『FLASH』でレズビアンであることをカミングアウトしており、杉森茜さんも女性が好きであることを自覚していたということです。

昨年12月に一ノ瀬文香さんが自身のブログで、今月19日に挙式を行うことを公表していました。

関連記事
渋谷区、同性愛者に証明書を。全国初の条例案提出へ
同性カップル、世田谷でも要望書提出へ。性同一性障害の区議、上川あや

自治体でも同性愛者の結婚を認める動きが始まっている中、杉森茜さんと一ノ瀬文香さんの結婚は同性カップルにとって大きな励みとなることでしょう。

性別にとらわれず、自分の愛する人とそばにいられるようになる世の中へ、少しずつ変わりつつあるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。