高橋ジョージ「戻る可能性ある」「モラハラは心当たりがない」

wpid-unnamed-1.jpg.jpeg
スポンサーリンク

女優三船美佳さん(32)が、夫でロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージさん(56)に離婚を求めた裁判の第1回口頭弁論が3日、東京家裁で行われました。

image

高橋ジョージさんは「自分のことなので、あくまで人に任せることはできないし、子供のこともありますので、他人事ではないので、出られるなら出たいと思った」と出廷した理由を語りました。

また、原告の三船美佳さん側は、モラルハラスメントに関する本などを証拠として提出。

そのことについて聞かれると「これは色々誤解があって、今の段階では、提訴の内容を見ると僕にとっては心当たりのない内容なので」と否定。

続けて「僕は人を介してでも話し合いたい。離婚を意地悪でしてあげないという訳ではない」と高橋ジョージさん。

もし離婚することになったとしても「子供にとって、親が離婚についてまったく話し合わないで離婚したという事実は、僕も親が離婚しているものですから、それは辛いものですね。話し合いっていうか、向かい合ってテーブルにつきたいなというのは事実」と語りました。

それでも「不可能に近くても、不可能ではない。(三船と)2人で幸せになる道を探したい。戻れる可能性はあると思っている。僕は最後まで努力するつもりです」としています。

三船美佳さんには「じっくり時間をかけて療養というか、気持ちを整理していただきたい。最高に愛しています」と思いを語りました。

余談ですが…

このニュース、偶然母と実家で見ていましたが、「やってる当人は気付いてないもんや、モラハラなんか」「話す機会を与えへんかったから、話してももらえへんねん」と、グチグチ母が独り言を言っていました。

「経験者は語る」とは、まさにこのことだなあと、思いながら聞いていました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。