川崎中1殺害、食い違う供述。18歳のアリバイを17歳が否定

wpid-unnamed.jpg
スポンサーリンク

川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で中学1年上村遼太君(13)の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された17歳の少年2人のうちの1人が「(逮捕された)18歳少年が現場に向かった」と供述していることが28日、分かりました。


また、少年3人は事件前に飲酒していたことも判明しています。

18歳少年が上村君を逆恨みし、怒りを募らせていた可能性があるとみて、関連を調べています。

17歳少年の供述

川崎署捜査本部によると、17歳少年は「現場に向かったのは18歳と17歳の(もう1人の)少年、上村君の3人で、何があったかは知らない」と供述しているということです。

スポンサーリンク

18歳少年とその父親の供述

18歳少年は上村君の死亡推定時刻の20日午前2時ごろ「家にいた」と話しており、17歳少年の供述と矛盾。

逮捕前に父親から依頼を受けた弁護士によると、父親も少年は同時刻に家にいたと説明しています。

18歳少年は「今は話さない」と供述しているといいます。

証拠隠滅のため?

現場に行ったといわれている17歳少年は「現場で(上村君が)血を流して倒れているのを見た」とも話しています。

また17歳の少年2人は「上村君の衣服を燃やした」と供述しており、証拠隠滅を図った可能性もあるとみて調べています。

捜査本部は28日午前、3人を送検し、それぞれの自宅を家宅捜索。

スマートフォンや自転車などを押収しました。

スポンサーリンク

殺害前からの酷い暴行

image

18歳少年と上村君を知る友人男性は、上村君が1月、少年から「生意気だ」と因縁を付けられ、正座で激しい暴行を受けていたと証言しています。

上村君の顔は大きく腫れ上がったといいます。

上村君はこの暴行をきっかけに「グループから抜けたい」と漏らすようになり、別グループの先輩らに相談していました。

「チクられた」逆恨みか?

18歳少年の近所に住む主婦によると、事件8日前の今月12日に、18歳少年の家の前に10人近い若者たちが集まり、警察まで出動する騒ぎがあったそうです。

「若者たちは少年に文句があって来たようだった」といい、上村君から相談を受けた先輩らが、18歳少年に謝罪を求めて押し掛けた可能性もあります。

18歳少年は“チクられた”と感じたのか、このころから上村君を恨み始めたといいます。

事件直前の未成年飲酒

また、逮捕された3人が事件直前、17歳の1人の自宅で飲酒していたことも判明。

捜査関係者によると、上村君から無料通信アプリ「LINE」で「遊びませんか」と連絡があり、3人は家から出て上村君と合流したという。

18歳少年は1月、飲酒後に上村君に激しい暴力を振るったことがあり、捜査本部は合流後の足取りや、飲酒の事件への影響がなかったかを調べています。

捜査関係者によると、18歳少年は1月に上村君に暴行を加えたことは認めているが、逮捕容疑は否認しているということです。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 皆自分より、弱い人を襲ってる小心者、わがままな自己中、日本人が森とも学園か北朝鮮みたいな、おかしな価値観考え方の人達が増えてるのが恐い、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。