カジノ建設予定地、横浜市と大阪市に。政府方針

wpid-unnamed.jpg
スポンサーリンク

政府は、カジノを中核とした統合型リゾート(IR)について、2020年の東京五輪・パラリンピックまでに横浜市と大阪市の2か所で開業を目指す方針を固めました。

image

IRの候補地には、全国20か所以上が名乗りを上げてきましたが、五輪までに開業できるのは、再開発計画などで適地のある横浜と大阪と判断したようです。

横浜市は、再開発計画が進む山下ふ頭(約50ヘクタール)が誘致先となります。

大阪市は、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)が本命視されています。

橋下徹大阪市長が誘致に熱心で、関西国際空港にも近く、広大な未利用地(約150ヘクタール)を抱えています。

IRを巡っては、超党派の「国際観光産業振興議員連盟」が一昨年の臨時国会にIRに関する制度の骨格を定めた法案(カジノ解禁法案)を提出し、継続審議となっていました。

しかし、衆院解散に伴い廃案となっていました。

同議連が今国会に解禁法案を再提出しますが、ギャンブル依存症への懸念などから、公明党や野党に慎重な声が強く、成立は見通せない状況です。

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。