女子高生コンクリート詰め殺人事件の全貌。全員が出所済み、2人は再犯…

wpid-unnamed-1.png.png
スポンサーリンク

日本で戦後に発生した事件のうち、最も凄惨な事件の1つと言われる「女子高生コンクリート詰め殺人事件」。

1988年の事件発生から25年以上が経過し、犯人は全員出所、再犯で逮捕された者もいます。

私は1990年生まれで、この事件をよく知りませんでした。そのため、今回忘れてはならない事件として掘り下げて調べてみました。

若い人の中には私のように、この事件についてよく知らない人も増えています。

しかし、普通の、どこにでもいる人が被害者となる残虐な殺人事件は今も多発しています。

また上述のように出所した犯人が再犯で逮捕されるなど、「遠い昔の事件」として忘れ去ってよい状況ではありません。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の概要

東京都足立区綾瀬で発生したこの事件の発端は、1988年11月、少年数人がアルバイト先から帰宅途中の女子高生を誘拐したことから始まりました。

それから1989年1月にかけ、41日間に渡って少女を監禁し、残虐極まりない暴行、凌辱の限りを尽くして殺害した後、旅行バッグに入れた遺体をドラム缶に入れ、コンクリートを上から流し込んで東京都江東区若洲の埋め立て地(現在の若洲海浜公園敷地内)に遺棄しました。

image

被害者はどこにでもいる、普通の女子高生でした。

その数カ月後、主犯格の少年が別の強姦や窃盗で逮捕され、取り調べの際に余罪を疑った警察官が「人を殺したダメじゃないか」とカマをかけたところ、少年が自白し、事件が発覚。

ドラム缶にコンクリート詰めされた遺体が発見され、事件が明るみに出ました。

犯人たちが行った残虐極まりない行為

発見された遺体は、以下のような状態で、犯人たちの暴行の凄惨さを物語っていました。

  • 顔や性器、肛門は破壊されて原型を留めていない
  • 鼻の穴には血が詰まっており、口でしか呼吸ができない状態
  • 陰部には栄養ドリンクの小瓶が2個差し込まれていた
  • 乳房には縫い針が複数本刺さっていた
  • 片方の乳頭(乳首)はペンチのようなもので潰されていた
  • 手足は火傷と炎症で体液が漏れ出していた
  • 極度のストレスと栄養失調によって頭髪や歯は抜けていた
  • 51キロあった体重は30キロ台になり、皮下脂肪が通常の半分近くになっていた
  • 脳が委縮して小さくなっていた

犯人である少年たちは、友人を連れ込むなどして昼夜を問わず女子高生をレイプし、女子高生が気を失うと水を頭に浴びせて気を取り戻させ、更にレイプをする、といったことを繰り返していました。

また、単に殴るなどの暴行や強姦をするだけではなく、全裸にしてディスコの曲に合わせて踊らせる、自慰行為を強要する、顔にマジックペンでいたずら書きする、陰部や肛門に鉄棒や瓶を挿入し、刺し込んだまま瓶を割る、など行いました。

さらには、真冬のベランダに全裸または半裸で出し放置する、手足にライター用のオイルをかけ火をつける、顔に溶けたろうそくのろうを垂らす、まぶたの上に短くなったろうそくを立てる、尿を飲ませたり、ゴキブリを食べさせるなど、凌辱と虐待を繰り返しました。

スポンサーリンク

女子高生を殺害するに至った経緯

昭和63年11月25日午後8時半頃、女子高生は週2回のプラスチック工場でのアルバイトから、自転車に乗って帰宅する途中でした。

そこに少年Cが乗ったオートバイが突き当たり、女子高生は悲鳴を上げながら自転車もろとも側溝に落ちました。

女子高生がなんとか立ち上がると、オートバイに乗った少年Aが来て「大丈夫ですか?」と声をかけます。

「あいつは札付きの悪だ」「この辺は危ないから、僕が送っていってあげるよ」と、少年Aはゆっくりとバイクを走らせて、少女は自転車を押しながら従いました。

しかしこれは少年Aと少年Cの芝居でした。

途中で少年Aは豹変。女子高生を大きな倉庫に連れ込もうとすると、彼女は叫び声を上げて抵抗しました。

「さっきの奴は俺の仲間だ。組織がお前を狙っている。俺の力で命だけは助けるように幹部に頼んでやる。その代わり、今から俺とホテルに行くんだ」

少年Aはそう言って少女を脅すと、呼び止めたタクシーに2人で乗り込みました。

ラブホテルに連れ込むと、少年Aは柔道で鍛え上げられた力で、少女を強姦。

それまで異性体験もなかった少女は、これですっかり無力感に陥ってしまいます。

少年Cの部屋に監禁され強姦の日々が続く

その後、皆のたまり場になっている少年Cの部屋に、女子高生は連れ込まれました。

少年Bと少年Dが加わり、4人でかわるがわる強姦。交替で女子高生を見張り、監禁します。

女子高生が監禁された少年Cの部屋には、十数人にも及ぶ少年たちが出入りし、強姦や性的陵辱を続けました。

逃亡失敗、少年Cの親が少女の存在に気付く

12月2日午後4時頃、少年たちが皆眠ってしまったので、女子高生は1階の居間に降りて110番をします。

大きな声で話すわけにはいかない。また、自分の居場所もわかっていませんでした。

うまく伝えられないでいると、少年の誰かが降りてくる気配がして、女子高生は受話器を置いて外に飛び出ると駆け出しましたが、追ってきた少年に捕まってしまいます。

家に戻ると、電話が鳴り少年Aがその電話に出ました。

電話は警察からで、女性の声で助けを求める110番があったと告げられると「間違いじゃないですか」「ここには女の人などいませんから」と少年Aが応対し、警察は通話を終えました。

この時に、少年Cの母親は台所から居間に顔を出し、少女の存在を知ります。

夜になる前に少女を帰すようにと、母親は少年たちに促しましたが、その2日後、4日後にも、彼らは女子高生を帰すことはありませんでした。

少年Cの母親は、少女がまだ家にいることに気づいていました。

女子高生の持つアドレス帳を見た母親は、彼女の自宅に電話し、帰宅しない娘を心配する彼女の母親と話します。

しかし、「そちらの名前を教えてほしい」と言われて、少年Cの母親は受話器を置いてしまいました。

その後、少年Cの母親は「帰るように」と言って、女子高生を玄関から送り出します。

しかし、少年たちは、家の外で待ち伏せをしていて、女子高生を再び捕まえ、夜になるのを待って、外の電柱を伝って少年たちは少年Cの部屋に戻りました。

少年Cは「恥をかかせやがって」と、母親に1時間以上にもわたって暴力を振るいました。

それ以降、母親は暴力を恐れ、少女が帰宅したかどうかを確かめることはありませんでした。

少年Cの部屋では、逃げようとしたということで、女子高生にリンチが加えられました。ストリップを強要された上、女子高生は脚にオイルを注がれて火を付けられました。

少年Cの両親が休みで家にいる年末年始は、女子高生には水だけしか与えられず、しだいに衰弱していきます。

そして殺害へ

そして1989年の1月4日、賭け麻雀で大敗し、むしゃくしゃしていた主犯の少年は女子高生を虐待することで鬱憤を晴らそうと考えました。

普段よりも激しく2時間に渡って殴る、蹴る、腹部に1.7キロもある鉄球付きの鉄棒を落とすなどの暴行を加え、殺害。

供述によると、女子高生の苦しむ姿を面白がり、小泉今日子の『なんてったってアイドル』のテープをかけ、曲に合わせて殴るなど、正に「面白半分に」暴力をエスカレートさせていったようです。

その暴力の激しさは、刃物で刺すことはしていないにも関わらず、殴られた時の出血が天井まで飛び散るほど激しいものでした。

1月5日、女子高生が死んでいることを確認した少年たち。

遺体をドラム缶に入れてコンクリートで固めることを少年Aが提案し、4人で協力してそれを実行。

江東区若洲の海浜公園の工事現場に遺棄しました。

女子高生コンクリート詰め殺人事件犯人とその後

image

このような残虐な事件を起こした犯人は、主に以下の4人の少年でした。

少年A

本名:宮野 裕史(現在は苗字を変えている)
事件当時18歳。主犯格。

中学時代は柔道に打ち込み、大きな問題なく学生生活を送っていましたが、高校の柔道部でいじめを受けて挫折し、高校を退学。

暴力団の下部組織を設立し、窃盗や恐喝、婦女暴行などの犯罪を繰り返すようになりました。

女子高生コンクリート詰め殺人事件で懲役20年の刑となって服役し、2008年に出所しましたが、2013年に振り込め詐欺で逮捕。

黙秘を貫いて不起訴処分になりました。詐欺を行った組織では、首謀者ではなく下っ端の役割を担っていたと言われています。

少年B

事件当時17歳。身長約180センチと大柄で、サブリーダー的な存在。

少年Aとは中学時代から先輩、後輩の間柄でした。

懲役5年以上10年以下の判決を受けて服役し、1999年に出所しました。

少年犯罪者の更生に力を入れている人物の養子となり、苗字を変えましたが、2004年に再犯。

男性に「交際している女性を奪った」と言いがかりをつけ、また「俺は人を殺したことがあるんだ」などと脅して監禁し、暴行を加えました。

しかし、当の女性は元少年Bと交際はしておらず、被害者の男性と面識がないと証言したことから、某テレビ番組の中で犯罪精神学の専門家は元少年Bを「妄想性人格障害」と分析しました。

少年C

事件当時17歳。

懲役5年以上9年以下の判決を受けて服役し、既に出所しています。

被害者の女子高生が監禁されていた家に家族と住んでおり、女子高生は2階の部屋に監禁されていました。

少年Cは格闘技が好きだったため、女子高生への暴行に使用された鉄棒などの器具が部屋に存在。

両親は女子高生の存在に気が付いていましたが、暴力を恐れて踏み込まず、事件は最悪の結果となりました。

少年D

事件当時16歳。

懲役5年以上7年以下の判決を受けて服役し、1996年に仮出所しました。

女子高生の監視役でありましたが、強姦や暴行にも加わり、女子高生が死亡した最期の暴力では鉄球で殴るなどをしています。

2000年に放映されたニュース番組に少年Dの母親が出演。

母親のコメントによると、出所後は母親とアパートで暮らしており、ほとんど部屋から出ない引きこもり生活を送っているそうです。

他、事件に関わった少年

刑事裁判にはかけられませんでしたが、少年Eと少年Fが少年院送致となりました。

少年Eは地元のスナックでこの事件のことを面白おかしく語り、無反省の様子。

少年Fは建築会社で正社員としてはたらきながら、現在は結婚し娘がいます。

スポンサーリンク

事件のことは多くの人が知っていた

刑事裁判にかけられた犯人は上記4人(少年A、B、C、D)ですが、この他に2名が少年院送致、女子高生の強姦に参加した人数は10名以上、女子高生が監禁されていることを知っていた人は100名を超えると言われています。

少年たちの残虐な暴力もですが、これだけ多くの人数が監禁を知っていたにも関わらず、誰も女子高生を救わなかった点においても社会に大きな衝撃を与えました。

「関わりたくない」「誰かがきっと」当事者意識の欠如

この事件において、まず疑問に思うのが、上述の通り多くの人が関わっており、また女子高校生が監禁されていたのは東京都足立区の民家で、隣の家と近接していたのに、なぜ誰も警察に通報しなかったのか、ということです。

当時の報道番組を見ると、近所の人が「悲鳴が聞こえた」などとテレビ局のインタビューに回答しています。

虐待をされていたのを目撃されていたにもかかわらず、子供が幼児虐待によって亡くなる事件は後を絶ちません。

「見て見ぬふり」「誰かが通報するだろう」「おかしいとは思ったけど…」などという当事者意識の欠如は現在の日本でも存在しています。

女子高生コンクリート詰め殺人事件と同様の事件が発生してもおかしくない状況といえるのではないでしょうか。

日本の更正プログラムに疑問

更生についてですが、出所後に暴行事件を引き起こし、懲役4年の実刑を受けた少年Bは妄想性人格障害が疑われ、「適切な薬物治療が行われていたら、犯行には陥らなかった可能性が高い」と語る専門家もいます。

日本の犯罪者の更生指導はアメリカなどと比較して遅れており、特に適切な医療を受けさせる治療プログラムが不十分で、対象者も限られている、という指摘があります。

刑務所というと、一般的には「犯罪者を隔離する」という機能をイメージしますが、私たちの安全を考えると、「犯罪者を更生させる」という役割は大変重要です。

教育があまり効果を発揮せず、医療の方が再犯防止に効果的なケースを放置するようなことがなく、適切な治療を受けさせるプログラムが導入されるよう、もっと積極的に働きかけることが必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

223 件のコメント

  • 2chより
    極悪鬼畜の1人は大阪府泉佐野市滝山に在住 明福寺の近く
    谷村 という姓に変更  のうのうと生活しているよ
    妻と3人の子供がいる 子供のうち2人の名は 
    谷村ケイマ 谷村タク 
    ひとの大切な娘さんの命を極悪非道に奪っておきながら、、

  • 更生なんかさせるな全員自分がやった通りの目に遭わせてから死刑でも足りない
    意識があるまま四肢を斧で落とされろ

  • こんなゲスなことをしたやつが生きてていいわけがない。
    概要を知るだけでもこんなに胸糞悪いんだから、実際被害を受けた女子高生の痛みは尋常じゃないだろう。痛みなんて言葉じゃ足りないくらいだろうね。
    少なくともこの女子高生以上の苦痛を与えて死刑にすべき。
    生きている価値もない。
    こいつらを生かす社会もどうかしてる。

  • 被害者の年齢が自分と近かったのと、彼女が無念な死をとげてしまった事からも、けして忘れることが出来ない事件です。また当時はバブルを背景に様々な形で道徳心が荒廃した時期でもあったと思います。
    Aが部活でいじめにあってから非行に走ったと言われていますが、もし発達障害を抱えていたなら治療を、人格障害なら医学的なサポートをしなくてはと思います。刑法を厳しくしても脳の機能までは変えられません。再犯したなら検査が必要です。
    日本はまだまだ甘い。人情を挟まず犯罪を厳しく裁きながら、一方で医学的、或いは経済的に強力なサポートをしなくては!
    このままやったもの勝ちの無法が続けば、社会から積極性がなくなり、疲れ果てた先には、妙な科学や宗教的なヒーリング、スピリチュアル系に惹かれる傾向が流行しかねません!

  • 少年法改正を強く求めます 刑罰が軽いから犯罪が減らないし、残虐な行為は未成年だろうが許すわけにはいかないです どうすれば少年法改正を考えてくれるのか!

    政治家に言えばいいのか!

    教えてください

  • 最近この事件を知って怒りで震えてます。
    筆舌に尽くしがたい感情が込み上げてきますね・・・
    私も娘を持つ親ですが記事を読んでて気が狂いそうになりました。
    今の時代、ネット等で犯人を特定して晒す事も可能でしょう。何の罪もない子供がやられたんだ。
    倍の時間かけて同じようになぶっても気が済まないでしょう。
    内容の凄惨さ、判決の甘さから今からでも話題にすべきだ。
    犯人がのうのうと生きてるのが許せない。
    個人で何も出来ないのが歯痒い・・・

  • すいません先ほど、コメントのボタンが分からずに、どなたかの返信ボタンを押して、この記事のコメントしてしまいましたm(_ _)mま

  • 最近この事件を知りました。
    娘を1人持つ父親なんですが、事件を想像出来ませんね…
    もはや言葉はなく、亡くなられた女性のご冥福をただただ祈るばかりです。
    被害者ご家族の苦しみ、悲しみ、怒り、憎しみ、さぞ計り知れない程の深さだと思います、一生消える事のない傷です。
    もし自分の娘がと考えたら…身体の震えが止まりません。
    この事件に関わった全ての人間は、仮に死刑でもぬるいです。
    死刑なんかでは事足りない。
    娘さんが味わった恐怖、痛みや悲しみに絶望感、仮に犯人達を同じ目に合わせたとしても気持ちは満足しないでしょう…
    亡くなった者は一生還らないのだから。
    本当に史上最悪な事件、決して忘れてはいけないと思います。
    出所した犯人達が今ものうのうと当たり前の様に息をして、生きていると思うと憤りしかありません。
    現在もそうですが、日本の法律(少年法)や制度を良く見直す必要がある。
    殺人だけでなく様々な凶悪な事件が世の中にはありますが、事件の内容(悪質さ残虐、残忍さなど)により、成人や少年に関わらず、事の重さに対しての裁きを受けなければいけないと思います。
    人殺しでたった20年?早すぎる…被害者の家族は20年で心の傷消えますか?絶対消えないし、一生忘れる事はない。忘れたくても忘れられない…。
    亡くなられた女性のご冥福をお祈り申し上げます。

  • まったく非のない無力な女の子に、ここまでしたやつらが、どうして世の中に出てきてるの?のうのうと生きてるの?人間じゃない。現在の顔写真と名前を公開してほしい。そして「誰でもいいから人を殺したかった」っていうような人に残忍に殺されてほしい。それでも女の子がどれだけ“恐怖”だったかは理解できないバカ野郎なんだろうけど。

    • 私もそう思います。
      あまりの残虐さに言葉がでません。
      犯人達は鬼畜。人間ではありません。

      死刑でも甘いです

  • 平成生まれの女子です。
    怒りで頭がどうにかなりそうです。
    もっと多くの方に、日本中の人全員にこの事件を広めたい。
    そして危機感を高めて欲しい。

    世の中には悪魔が沢山いるんだと言う事を多くの女の子達に知って欲しい。

    悪魔は簡単に殺してはならない。同じ苦しみを与えるべきです。

    • リアルタイムで22歳だったけど、この事件は男からみても、こいつら殺してやると、当時思いました。この事件だけは犯人の名前を公開し続けることを祈ります。

  • 少年院って本当に必要?
    この事件の犯人で反省しているやつ一人もおらんやん。
    この被害者遺族はもう…だけど
    本当に反省しているなら、ボランティアとかせめてもの罪滅しをしているはずなんだけどな
    それか、自殺してるはずだなー
    一人でもそういう人っていた?
    再犯犯しているやつは言うまでもなく、罪の意識なんてないだろうけど
    結婚したやつもないだろうな。
    なんで女をここまでボロボロにしたクズが女と幸せになろうと思った?信じられん!!
    死刑にできないなら手と足と股間を麻酔なしで切り落とせよ
    それで死んだら死んだでええやん
    被害者にだって、同じようなことしたんだから同じことされたって文句言うなよ
    甘すぎる罰だから今だにアホが犯罪犯すんだろ
    いい加減学習しろよ日本!

  • 人間のやることじゃないよな
    悪魔やわ
    ほんとにこの事件は忘れることができないね

    文面だけでも吐き気すんのに殺された被害者の子はどれだけ怖くて痛くて苦しんだことだろう
    自分で命を絶つことができるなら そうしたかっただろうね
    本当に被害者の子を思うと涙がでるし 犯人たちを到底許すことはできない
    死刑じゃ許されない

  • 離れ小島でなくて普通に隣に民家がある家で監禁されてたって知ってびっくりしたね。
    悲鳴を聞いていたっていう近所の連中よ・・・なんで通報しなかったん?おまえらの誰か1人でも通報してれば助かったじゃん。
    絶対におかしいわ。
    この犯人たちは悪魔だね。人間にはできない所業の数々。悪魔に人権も糞もないだろう。銃殺してやればいいのに。こういう制度だけは江戸時代のがよかったな。故意の殺人以外は基本、人を1人殺したら死刑でいい。その人の命奪ったわけだから罪の償いには自分の命をもって償う。理にかなっている。この死刑制度だけは江戸時代の見習ってほしい。この点だけ。

  • こんなのアメリカなら即銃殺でしょ。日本もアメリカ同様にしろよ。
    馬鹿じゃないの人殺す奴、平気で野放しにしてんのがいけないんだろう。

  • こんな酷いことをしといて今でもその人(ABCD)は生きているんですか、、、この人たち死ねばいいのに、、、、、

    • 今も反省せずにのうのうと生きてるし。なんなら事件を利用して脅しの道具に使ってます。
      そして、加害者の結婚相手や仲間たちはいまだにネットでこの事件のスレなどが立つと、被害者をとことん貶め汚す発言を繰り返しています。
      こんな連中は住所から何から周りの市民の安全のためという名目で一般に情報公開の義務付けが必要と思われます。所詮裁く側の人間は他人事でしか考えないし、自分が出した間抜けな判決のせいで二次的な被害者が出ても気にもしてないですから。
      こいつらみたいなのは情報公開されて一生おびえながら生きることこそ罰に値すると思います。

  • にちゃんねるってネットの掲示板知ってますか?そのにちゃんねるに犯人の現在の事たまに書いてありますよ。にちゃんねるだから本当か嘘か分からないけど、その住所に行って嫌がらせしてやりたいです。本当に許せない。

  • ほんとに異常
    生きる価値なし
    心から早死を望みます!
    法とか大人子供関係なく
    殺人したやつは同じ方法で殺したらいいと思います!
    必然的に殺人は減る

    • 日本の法律はおかしい本当におかしいバカ政治家のおかげでくそがきどもが罪のがれてるこのくそがきどもを作っているのはバカ政治家どもだ

  • 自分が知ってる事件の中で最も残虐なものです。死刑にできないなら終身刑が必要だと思います。専門家ではもちろんないですが、更生は無理でしょう。正真正銘の悪魔でないかぎりこれはできません。

  • 初めてこの事件について知りました。
    本当に悲しくなります。
    言葉では表しきれないほどの感情……..
    心が痛みます。
    私はまだ未成年ですが、被害者の方も加害者も私と大して変わらない年齢の方たちです。
    信じられません。
    本当に酷すぎます。
    彼女の苦しさの1ミリも私は経験したことがないでしょう。
    どうか、少女が天国で体の傷痕を癒して元の美しい姿で、安らかに眠っていることを願います。

  • なんで犯人普通に暮らしてるのかな。
    のうのうと暮らしてるのが許せない。
    人の家族殺して
    自分の家族つくってんじゃねーよ

  • 自分が、中学生位の時の事件。40歳を超えた今でも、ムナクソ悪すぎて覚えています。シャバにいるのが許せない。卑怯すぎ、不良の風上にも置けない、最悪な奴らだ!目の前にいたら、永遠とリンチしたいわ。泣き叫んで、ジワジワ最後に、止め!生きる価値なし!

  • とても悲しい事件でひと事ではありません。被害者様はどんな思いをしてたのかと思うと涙目が出てきます。そして、この事件のことが頭から離れません。加害者が今現在、のうのうと生きているかと思うと、とても悔しいです。

  • お前ら公開処刑だ!日本じゃ無理か北朝鮮でも行け。日本の裁判制度は甘すぎる。今でもこいつら生きてると思うと許せん。人間のクズそれ以下

  • この事件を今初めてちゃんと知ってとても悲しくなりました。
    私はまだ未成年ですが、自分と年が変わらない子がこんなにひどい目にあったんだと思うと震えが止まりません。
    犯人たちがのうのうと生きているのはおかしいです。被害者や遺族の気持ちを考えたことはないのかと思います。
    きっとないんでしょうね。きっと彼らは地獄で痛い目をみるはずです。
    犯罪を犯したら、未成年だろうが関係ないんです。下らない法律に縛られてないで、今こそ変えるべきなんです。

  • 少年法を変えるべきなんだろうけど。
    何故変えないのか、権力ある人の子供が悪さしても、何とかなるシステムを残しておきたいが本音だろうなぁ。

  • >その人達も笑っているはずがありません。心の中で縛り付けられているはずです。

    人の痛みを感じないからこんな事ができるんです。きっと今も反省なんてしていません。「捕まって運が悪かった」くらいにしか感じていません。同情は1ミクロンも必要ないです。万が一にも苦しんでいるとすれば、それは当たり前のこと、一生背負っていくべき罪です。だけど、そんなものでは到底足りない犯罪を犯したんです。私は同じ拷問をあじわい恐怖の中死ねばいいと思います。もしもこれが自分の息子だとしたら、私なら息子を殺して自分も死ぬでしょう。

    しかし、犯人の妻や娘に同じ事をと書かれている方達がおられましたが、私は妻はさておき、娘さんもまた被害者だと思います。犯人へ知らしめる意味でそう言われるのでしょうが、子供はすでに被害者です。それに、娘さんに同じ事をしたところで犯人が悟るとは到底思えません。そんな心が微塵でもあればこんな事件はおきないのです。同じ痛みは犯人が犯人の身をもって受けるべきです。そうしてみても心無き犯人に、人の痛みは分からないでしょう。ですが苦しみという意味では、無能な犯人には拷問が一番見に染みる事だと思います。

    私は息子を持つ親ですが、少年法の改正を心から願います。そうして方が改正された後に、万が一にも自分の息子が犯罪を犯したのなら、それは息子が償わなければならない罪。そしてそんな息子に育ててしまった自分の罪を悔い命を絶つでしょう。

    被害者のお嬢さんの魂が安らかでありますように…

    • あなたみたいな親が沢山増えると、今のような個人主義な世の中ではなく、世の中はもっと良くなるのでしょうね。

      • 一人の女性に10代とは言え男が寄ってたかって、海外では自分勝手な殺人したら死刑になり惨殺犯を見つけたら撃ち殺せ!と司令があり、米国では12歳でも犯罪犯せば監獄にぶち込まれ殺人なら終身刑になる。日本では犯罪者の更生を目的としてあま〜い刑で虐殺犯が更生したとして殺された人の人生は更生できないし、家族も一生苦しみ続ける。不公平!弱い者虐め日本

  • 犯人は死刑でもたりない
    残された遺族の悲しみは計り知れない
    我が子がと思うと、、、

    犯人は同じように事をされるといいのに

  • この鬼畜ゴミクズどもが犯した蛮行悪行は未来永劫許すことはない
    何の罪もない女子高生の未来を残虐極まりなく奪い去った人非人ども。こんな快楽殺人鬼どもをシャバに放ってる日本という国は心底腐ってる。

  • こんな残虐鬼畜事件を起こしたゴミクズどもが今もどこかでぬけぬけと生きてると言うだけで胸糞が悪くなる。少年法ってなんなんだ、この国は腐りきってる。
    未来永劫こいつらの犯した悪行は許されない。

  • この事件知って気持ちが悪くなった…。
    被害者のお嬢さんのことを思うとものすごくかわいそうで、この事件が頭から離れない。こんな辛い日々が続いたことを思うと苦しい。息が出来なくなりそう…
    犯人がのうのうと生きてるのに腹が立つ通り越しておかしくなりそう。犯人の娘もかわいそ。もし犯人の娘だったら父親殺して自殺するレベルだわ。
    子供につみはないから同じ目に合わしたいとおもうひとには

  • この鬼畜ゴミクズどもが犯した蛮行悪行は未来永劫許すことはない
    何の罪もない女子高生の未来を残虐極まりなく奪い去った人非人どもをシャバに放ってる日本という国は心底腐ってる。

  • この事件には不自然な死を遂げた《飯島愛》も関わっていたのは有名な話だよな

    それにこの話を当事者がすると不可解な事がおきるんだよ

    今だに彼女は許してなんかいないよ

  • 櫛木理宇の「世界が赫に染まる日に」を読んでこの事件を知った
    この本は主人公とその友人が凶悪事件を起こしたにも関わらず、少年法によって数年の懲役を受けただけで出所した犯人を拷問する。という物語です。
    この事件や類似する件についての遺族の思いや事件の裏側、原因などが細かく記載されていますので、知りたい方は是非読んでみてください

  • 先ほど綾瀬の家を見て来ました。やるせない気持ちになりました。関わった奴らを俺が殺してやりたいよ。

  • 度々目にする男がどうのって見方おかしいわ。
    現に仲間の女も犯行に加わっているのに。主犯格と同罪でしょ。

  • こんな奴は社会に出してはいけないと思います。スナックで話題にする位だから、屁とも思ってないでしょう。
    塀の中で一生暮らせばいい。

  • 事件を知り、気分が悪くなった。

    しかし、加害者の娘に同じ事をしてやろうというやつは、
    同じ事が出来る鬼畜なのだろうか。
    その事も胸糞悪い。

  • 人間の心を持たない者には、たとえ同じような拷問を与えたところで何も理解しないと思います。苦痛や怒りを感じても、それを被害者の苦痛に置き換える能力はないと考えるのが妥当。その能力が針の先ほどでもあれば、この事件は起きなかった。
    人間として社会に適応不能なのだから、社会に放ってはならず、一生隔離すべき。
    ただし、虫けらでも、生きている限りは生かすべき。無益な殺生をすべきではない。

  • 許さんとなるのは当然の感情だが、弱者を手にかける彼らと同列になってしまう。
    彼らには肩身の狭い生を一生背負ってもらうことで罪の贖いとなるだろう。
    開き直って明るく楽しくやっていても、結婚して子供も産まれ収入も充分、順風満帆な生活が送れても人を殺した過去は消せない。一生被害者彼女の影が付いて回る。それはもう発狂するか自殺を考えるほどの苦痛だろう。

  • こういうクズは更正なんかムリ。
    離島に隔離して一生社会に戻れないようにすべきだよ。
    シベリアの油田で強制労働させてもいい。

  • 未成年による犯罪が相次いでいます。少年法を直ちに見直すべきだと思います。罪って何なのか…普段から不登校の人がそれが分かるわけがない。人を殺したら、自分も同じ目に会う。投票権が18歳から認められるようになり、結婚も18歳からできます。罪も成人同様償うべきです。
    自分の子供のことを考えると日本で暮らすのは本当に不安です。

  • 今の近所に住んでる人は気がついていないのでしょうか?
    知人の善意ある方は書き込みしてください。

    社会から排除しなければ、また被害者がでます。
    お願いです。近況報告してください。

  • 本当に許せない、
    殺害された女性を思うと涙が出てきます
    人間のやることじゃないです、
    これ、成人なら死刑確実のような事なのなに、未成年だから10年やそこらで出所はおかしい
    この事件後も少年による凄惨な事件は繰り返されてる
    つい先日も少年らによる殺人があった、
    もう何年経ってるんだよ、なんで少年法改正しないの??

  • 犯人は死刑になるべき
    私は小学校2年生の時、後ろから男に口をふさがれ草むらに連れ込まれレイプされました
    あの瞬間から私は生きた屍
    誰にも言えずにあれから約40年過ぎましたが、今でも涙が止まりません
    男性を信じる事は一生ない

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。