琵琶湖にスーツケースに入れた母の遺体を遺棄。次女を逮捕

wpid-unnamed-11.jpg.jpeg
スポンサーリンク
image

大津市晴嵐(せいらん)1丁目の盛越(もりこし)川の河口付近にあったスーツケースから女性の遺体が見つかった事件。

滋賀県警は14日、三重県伊賀市緑ケ丘中町の薬剤師、松生(まついき)多恵子容疑者(50)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表しました。

多恵子容疑者は「死んでいたので遺棄した」と容疑を認めているといいます。女性が死亡した経緯についても事情を聴く方針です。

次女が母をスーツケースに入れ遺棄

大津署によると、女性は死亡していた女性は松生澄子さん(79)で、多恵子容疑者は澄子さんの次女。

1日夜、澄子さんの遺体が入ったスーツケースを、盛越川近くの琵琶湖に遺棄した疑いがあります。

父親も死んでいた

澄子さんは、多恵子容疑者と2人暮らし。澄子さんは半年ほど前から寝たきり状態で、多恵子容疑者が介護していたといいます。

澄子さんの夫は1月28日に入院中の病院で病死しています。澄子さんの死亡推定日時は同日ごろで、県警は関連を調べています。

事件の経緯

遺体は今月3日、川に浮かんでいたスーツケースの中から見つかりました。

ひざを抱えた状況で入れられており、目立った外傷はなかったということです。

背骨が数カ所折れていたが、折れた時期や原因は不明だといいます。

県警は似顔絵や着衣などの情報を公開して捜査を続けていました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。