片思い女性と“自爆心中”しようとした横国大卒ストーカー逮捕

wpid-unnamed-10.jpg.jpeg
スポンサーリンク

28歳の知人女性と自家製のバクダンで“自爆心中”をしようとした“自称ミュージシャン”が逮捕されました。

image

交際を迫るメール17通を送ったストーカー規制法違反の疑いで12日、警視庁に逮捕された介護士・小谷周平容疑者(32)。

「交際できなければ死のうと思った」と話しているといいます。

小谷容疑者は昨年11月、しつこいメールについて警察から注意を受けていたが、収まるどころかエスカレート。

今年1月には窓を割って女性の家に忍び込み、現行犯で逮捕された。

火薬を持ち込んでいて、自爆しようとしたといいます。

小谷容疑者の自宅からは1400本にも及ぶ爆竹や大量の火薬が見つかっています
(捜査事情通)

逮捕された小谷周平容疑者は、一体どんな男だったのでしょうか。

小谷周平容疑者のSNSによると、徳島県出身で、徳島県の高校から横浜国立大に進学。

被害女性も同じ大学で、同じ「バンドサークル」のメンバーだったそうです。

小谷容疑者は思いを募らせ昨年1月に女性に告白したが、振られています。

諦めきれずにしつこく連絡を取っていたが、1年間経って交際を諦めて犯行に移した。

女性の家に侵入し、1日半もの間、待ち伏せしていたそうです。

(捜査事情通)

小谷周平容疑者のツイッターの紹介文にはこう書かれていました。

大学時代に哲学、現代思想の影響でフェミニズムに傾倒し、結婚と恋愛について論文を書きました。人生のテーマは音楽とセクシュアリティ

なんとも言えないこの感じ、どうすればいいんでしょうか。

小谷周平容疑者のツイッターアカウントはこちら→@Schuhei

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。