生後8ヶ月の長女を殺害して父親逮捕。「親戚の子供がやった」と説明

wpid-unnamed-4.jpg.jpeg
スポンサーリンク

生後8カ月の長女に暴行を加えて殺害したとして、静岡県警伊東署と県警捜査1課は13日、殺人の疑いで神奈川県平塚市の会社員、鈴木健一容疑者(30)を逮捕しました。

県警は認否を明らかにしていません。

image

逮捕容疑は昨年2月26日ごろ、静岡県伊東市湯川の自宅で、長女で生後8カ月の輝蘭(くらん)ちゃんに暴行を加え、頭部損傷により殺害したとされています。

県警によると、輝蘭(くらん)ちゃんの頭部には陥没骨折を含む複数の骨折があり、脳内にも多量の出血がありました。

鈴木容疑者は同日、妻(19)とともに輝蘭(くらん)ちゃんを市内の病院に運んでおり、当時医師や警察に対し「親戚の子供が頭を踏んだ」と説明していたといいます。

鈴木容疑者は平成24年7月、当時妻だった別の女性との間に生まれた長男の瑛斗(えいと)ちゃん=当時(2)=に暴行して死なせたとして、傷害致死の疑いで逮捕、送検されました。

しかし、静岡地検沼津支部は嫌疑不十分で不起訴処分としていました。

女性の不服申し立てを受けて、沼津検察審査会は25年6月、不起訴不当と議決。同支部が再捜査を進めています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。