岡山倉敷で電車とトラックが衝突。乗客1人が渋滞

wpid-screenshot_2015-02-13-12-06-3001.png.png
スポンサーリンク

13日午前8時20分ごろ、岡山県倉敷市船穂町船穂のJR山陽線八人山踏切で、大型トラックと岡山発福山行きの普通電車(6両編成)が衝突しました。

県警によると、運転士と乗客計15人がけがをし、倉敷市消防局によると、このうち9人を搬送。乗客の男性が意識不明の重体ということです。

image

JR西日本岡山支社によると、現場の踏切は西阿知駅と新倉敷駅の間で、電車の乗客は約300人いたとのことです。

県警などによると、重体の男性は2両目に乗っていたそうで、男性運転士(26)は軽傷だといいます。

県警はトラックの運転手、古川徹容疑者(49)=岡山県倉敷市玉島長尾=を過失往来危険容疑で現行犯逮捕しました。

古川徹容疑者は「故障で動けなくなった」と話しているといいます。

県警によると、トラックが踏切内で立ち往生し、古川容疑者は非常ボタンを押すために降りていて、けがはなかったそう。踏切には遮断機と警報機がありましま。

JR西日本によると、電車は1、2両目が破損。この影響で金光―倉敷間で上下線とも運転を見合わせています。

現在は乗客をバスで近隣の駅へ運んでいる状態。現場はJR新倉敷駅から北東に約2キロの田畑が広がる地域でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。