「首絞め殺した」福岡小5女児殺害容疑で男を再逮捕へ

wpid-unnamed.jpg
スポンサーリンク

福岡県豊前市で行方不明になっていた小学5年生の女児(10)の遺体が見つかった事件で、女児の殺害に関与した疑いが強まったとして、福岡県警は死体遺棄容疑で逮捕していた同市の内間利幸(46)を殺人容疑で近く再逮捕する方針を固めました。

image

県警の調べに、内間利幸容疑者は「首を絞めて殺害した。殺害の発覚を恐れて遺体を隠した」などと供述しており、県警は殺害に至った経緯などを調べる方針です。

捜査関係者によると、同市の土木作業員、内間利幸容疑者は1月31日、豊前市内で女児の首を絞めて殺害した疑いがあります。

女児は31日午前10時ごろ、「遊びに行く」と言って内間容疑者の自宅近くまで母親に車で送られてから行方不明になり、31日夕、両親が捜索願を出していました。

image

内間利幸容疑者は殺害された女児、石橋美羽ちゃんの同級生の交際相手でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。