すき家深夜営業休止が響き赤字25億円

wpid-unnamed-4.jpg.jpeg
スポンサーリンク

ブラック企業として様々な問題点が指摘され、深夜営業を停止しているすき家。

そんなすき家が2014年度の連結決算で25億円の赤字だったことを発表しました。

すき家、深夜営業停止で25億円の赤字

image

牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスが10日に発表した2014年4~12月期連結決算は、最終(当期)損益は25億円の赤字(前年同期は7億円の黒字)でした。

牛肉価格が一時、前年比で2倍にまで高騰したことや、人手不足で深夜営業の休止を余儀なくされたことが響きました。

すき家の深夜営業停止の理由

すき家は深夜の1人勤務「ワンオペ」などの過酷労働や、アルバイトの大量退職で人手不足が昨年春ごろから表面化しました。

全国約1900店舗のうち、営業に必要なアルバイトが確保できないなどの理由で、昨年10月時点で1254店が深夜営業を休止。

1月末現在でも815店で休止したままですが、同社は6月末までに全店で深夜営業を再開させる考えです。

すき家が赤字になったのは初めて

ゼンショーホールディングスが4~12月期で最終赤字を計上するのは1997年の上場以来初めてのこと。

売上高は10.2%増の3834億円、本業のもうけを示す営業利益は75.1%減の14億円にとどまりました。

ただ、15年3月期の業績予想は最終損益75億円の赤字のまま据え置きました。

どうなる?牛丼業界

牛丼業界では昨年、吉野家が並盛りを300円から380円に引き上げ、松屋も380円の「プレミアム牛めし」を投入しました。

すき家も昨年8月に牛丼並盛りを270円から291円に引き上げるなど価格見直しの動きが相次いでおり、業績回復につながるか注目されています。

「安い・早い・美味い」の代名詞とも言える牛丼。あまり値上げはしてほしくありませんが、仕方ないことなのかも知れませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。