【動画】危険ドラッグで7人致傷事故、池袋爆走男危険運転を否認

wpid-unnamed.jpg
スポンサーリンク

東京・池袋で2014年6月、危険ドラッグを吸引して運転し、7人を死傷させた事故が有りました。

image

この事故により自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪に問われた会社員名倉佳司被告(37)の初公判が10日、東京地裁(安東章裁判長)でありました。

名倉被佳司被告は被害者に謝罪した上で、「運転に支障が出る恐れがある状態とは認識していなかった」と述べ、起訴内容を否認しました。

検察側の冒頭陳述

検察側は冒頭陳述で名倉被告は10年から危険ドラッグを使い、友人に「記憶を失った」と話したことがあると指摘。

週1回池袋の店舗で購入し、事故当日もこの店で買ったドラッグを吸ったと述べました。

スポンサーリンク

弁護側の冒頭陳述

弁護側も冒頭陳述し、「運転しながらドラッグを2口吸い、頭がぼーっとした。過去に経験のない体調の異変を感じ、気付いたら事故を起こしていた」と突発的だったことを主張し、運転に当たり危険だとの認識はなかったと訴えました。

同法は14年5月に施行。

危険運転致死傷罪の適用範囲が「支障が出る恐れがある状態」に広げられ、15年以下の懲役を科せるようになった。 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。