【動画】酷い耳コピを笑われた中2、6年でプロ作曲家に。ネットとボカロが繋いだ奇跡の道

wpid-184cdnq5-ae7axf3nhhuut-miln7vq_m4dn_veqm_3hmkxlv_jj_fm_6njge2cbmkg50g7np536fmvt_smszrludgc6jerltzvu_ntfgjctme3dylj3cgh_mfo5awr7vsfn1sbhbi86k08kam46jyxdilgynszyfa-hscpedqmn-xyr5vghcuq142xqlrz_fkehfaww674-h218-nc.jpeg.jpeg
スポンサーリンク

VOCALOIDシリーズは誰でも簡単に、作詞・作曲が出来るソフトです。

今回はそんなVOCALOIDとネットが繋いだ1人の男性の奇跡をご紹介します。

本当に同じ人が作ったのかと思うほどのクオリティの差

以下の2つの動画を再生してみると、楽曲のクオリティの差に驚くでしょう。

2007年に投稿された「中二の俺がスーパーマリオブラザーズを頑張って耳コピしてみた」。

その7年後、2014年に投稿された「【カービィアレンジ】そらをこえていくたび」。

両方とも同じ人の作品だが、前者はリズムも音も珍妙で、聞くだけで笑いがこみ上げてくる仕上がり。

後者は原曲のメロディと雰囲気を再現しながら、広がりのある美しいアレンジになっています。

その成長ぶりはネットユーザーを驚かせ、今までも、ニュース記事で取り上げられるなどして話題になりました。

後者の動画には「マリオ見てからこっちくると別人だわ」「人ってこんなに成長できるのか」「ここまで変われるのはスゴイよ、ほんと」など、驚きと賞賛のコメントがあふれています。

笑われた彼が作曲家に

曲を作るのが楽しくて好きで、夢中でやっていたからこそ、今があると思います

2曲の作者で、現在は都内でフリーランスの作曲家として活動している黒魔さん(21)は、控えめな物腰でこう語る。成長の秘訣は「とにかく作ること」。

曲作りにひたすら打ち込み、年間100曲以上作った年もあるといいます。

小さい頃から作ることが好きだった

出身は青森県八戸市。

小さいころは友達が少なく、いじめられっ子だったが、絵を描いたり物語を考えたり、音楽を作るのが好きだったそうです。

初めて“作曲”したのは小学3~4年生のころ、6つ歳上の兄に教わりながらループ素材を張り付けるだけで簡単に曲が作れるWindowsソフトをいじっていたといいます。

作ることなら何でも好きだったそうで、中学のころ、小説やイラストを公開しているチャット仲間に触発されて個人サイトを開設。

ペンタブレット(ペンタブ)で描いた自作のイラストを公開したり、ブログで小説を公開していたそうです。

プログラミングをかじり、簡単なWindowsアプリを作ったこともあるとか。

テレビゲームも好きだった、けど。

お小遣いがあまりもらえなかったので、兄が持ってた古いハードで遊ばせてもらっていました。

ファミコンのスーパーマリオで遊んだり、周りがポケモンのルビー/サファイア(04年発売)で盛り上がっているころ、金/銀(99年発売)で遊んだり。

ゲームで遊んでいる最中も、音楽を聴いていたという黒魔さん。

ゲームのBGMを再生できる「サウンドルーム」コーナーのあるソフトに出合うとテンションが上がったそうです。

RPG「クロノトリガー」のフィールドBGMが好きで、キャラをフィールドに立たせたままゲームを放置し、宿題をしながら聴いていたこともあるとな。

スポンサーリンク

手探りで作った耳コピマリオ

image

「中二の俺がスーパーマリオブラザーズを頑張って耳コピしてみた」を作ったのは、実際に中学2年生だったころ。

兄に紹介してもらった作曲ソフト「Singer Song Writer」を使い、マリオの地上BGM(「1-1」など地上面で流れるBGM)を譜面に再現する“耳コピ”を試していたそうです。

当初は公開するつもりはなく、遊びで作っていたといいます。

当時の黒魔さんは楽譜が読めなかった

image

Singer Song Writerは五線譜に音符や休符を入力して作曲するソフトですが、当時は黒魔さんは楽譜が読めなかったため、手探りで入力しては実際に音を鳴らし、原曲と比べながら作っていました。

完成した曲を聞き、どこかおかしいとは気づいていたが、「修正のしかたもよく分からなかった」といいます。

お兄さんがニコ動に投稿するよう勧めた

image

それを偶然、お兄さんが聴いて大爆笑。マリオのほかのBGMも作り、ニコニコ動画に投稿するようすすめたらしいのです。

言われた通りに作って投稿してみたところ、「ゲーム」カテゴリのランキングで1位を獲得するほど大人気に。

何が受けているのかはよく分からなかったが、「F5を押すとコメントや再生数がどんどん増えていくのがすごく面白かった」と黒魔さんは語りました。

「別のゲームでも作ってみて」と兄に依頼され、「ドラクエI」「星のカービィ」のBGMの耳コピ動画を作成してニコ動に投稿。

その一つであるドラクエがこちら。

「原曲が行方不明」などと視聴者の爆笑を誘いました。

年間100曲以上作った

その後も音楽を作り、ネットで発表したり、CDにしてイベントで売ったりしていた黒魔さん。

高校時代の夢はゲームのサウンドクリエイターでした。

「サウンドクリエイターにはたくさん曲を書く能力が必要」と聞き、「1年に100曲作ろう」と決めて実際に作った年もあるそうです。

楽器は使わず、曲作りはすべて打ち込み。楽曲動画の背景イラストも自分で描いています。

ボカロとの出会い

image

楽曲制作ソフトは無料のものを中心にいろいろ試していたといいます。

「ドレミ」のテキストで作曲できる「サクラ」というフリーソフトも触ったし、ピアノロールで作曲できる「ピストンコラージュ」は今でもメインの作曲ソフトとして使っているそうです。

メロディと歌詞を入力すると、その通りに歌ってくれるVOCALOID(ボカロ)ソフト「初音ミク」にも夢中になったそうです。

ニコニコ動画で発表されるミク曲に惹かれ、中3のころお年玉を貯めて購入。

ボカロ曲も作り始め、“ボカロP”(ボカロで曲を作ってニコ動などで発表する人)仲間とも出会った黒魔さん。

ニコ動とボカロが繋ぐ人の絆

ニコ動やボカロがなかったら、全然違ったと思います。

今みたいにたくさんの人とつながることはなかった。

黒魔さんはこう振り返ります。

ボカロPはTwitterアカウントを持っている人が多く、ほかのジャンルの作曲家よりもネットで交流しやすかったといいます。

Skypeチャットで話したり、お互いの曲を聴き合ったり、一緒に音楽イベントに出たり、同人CDを作ったりと、たくさんの仲間と交わってきた黒魔さん。

口べたで人付き合いが苦手な黒魔さんですが、音楽を通じて人と交流できるのがうれしいといいます。

あるイベントで、自分の曲が採用されたゲームのキャラクターのぬいぐるみをくれた人がいたんです。

自分の曲を受け取ってくれて、別の物で返してもらえるのがすごくうれしくて。音楽でコミュニケーションが取れてるなって

心動かされた景色や、友達や家族への感謝、つらかったことなど、日々起きたことを「日記のような感覚」で曲にしている黒魔さん。

音楽仲間への思いを曲にしたことも。「1人で作っていたら、書けない曲もあったと思う」そんな風にコメントをしました。

自分の悩みやヤモヤモヤを出した曲が人気に

ニコ動に投稿した作品の中で、“耳コピ”シリーズに次ぐ再生数を獲得した「ラストバトル」。

ラストバトルは人付き合いが苦手で悩んでいた時期に、「悩みとかモヤモヤを全部出そう」と作った曲。

黒魔さんは予想以上にたくさんの人に共感してもらえたと喜んでいました。

今では「ラストバトル」はカラオケでも歌えるようになっています。

曲を作る楽しさを感じることができたのは、曲を聴いて感想をくださった方とか、真に僕の曲を受け止めてくださった人とか、周りの方のおかげです

黒魔んはしみじみと言いました。

ただ、曲の再生数やコメント数はそれほど気にしていないといいます。

「反応をもらえるとうれしいんですが、万人受けしない曲も、好きで作っているので」と黒魔さん。

否定的なコメントにへこむこともあるそうですが、「もっと良い曲を作って、もっといろんな人に喜んでもらえるようになりたい」と前向きに考えるんだそうです。

スポンサーリンク

商業も同人も「違いはない」

黒魔さんの活動は幅広いです。

個人でアルバムを作ったり、同人CDやゲームに曲を提供している黒魔さん。

他にもメジャーレーベルのボカロCDに参加したり、スマートフォン「Xperia」の初音ミク版「dx39.net Xperia feat.HATSUNE MIKU」に楽曲が採用されるなど、企業にも作品を提供しています。

ちなみXperia feat,HATSUNE MIKUモデルを私は現在使用しています。

同人も商業も、黒魔さんにとっては同じぐらい大切だといいます。

個人のCDならメジャーでも同人でも好きな物を詰め込んで作りたいし、他の方に出す曲でなら、できる限り相手のことを考えて作りたい。商業のほうが少しプレッシャーが大きいぐらいで、違いはないです

「バンドマンのように」勢いで上京

八戸市の高校を卒業後、仙台市内の電子系専門学校の音楽関連学科に進学。作曲理論や演奏の基礎を学んだ黒魔さん。

20歳で卒業し、フリーランスとして独立。地元の青森でしばらく活動したあと、昨年8月に上京。

今はボカロを通じて知り合った都内の友人と一緒にルームシェアしながら毎日、曲作りにいそしんでいるそうです。

本当に勢いだけで、貯金もまったくない状態で上京したんです。

好きなことができるフリーの立場なのに、地方にいるためにできないことがあるのがすごく嫌で。

DTM(デスクトップミュージック)というインドアな趣味をしながら、変にバンドマンっぽい勢いがついてしまって(笑)

東京にはたくさんの音楽仲間がおり、イベントも多いです。

東京にいれば会いたい人に会い、出たいイベントに出られる。東京に住まなくては分からない気持ちも味わい、曲に生かしていきたいという。

「東京に来たからには全力でやろう」そう覚悟を決めているそうです。

黒魔さんの今後は「やれるとこまでやるだけ>

これからやりたいことはたくさんある。ゲーム音楽をたくさん作りたいし、いろんな人に会いたいし、面白いイベントに出たいし、海外に行き、日本にはない空気を吸って曲を作ってみたいし、いつか著名な作曲家と肩を並べたい

話し始めると止まらないほど、黒魔さんはやりたいことがあふれています。

でっかい人間になりたいです。

みんなからスゲ-って思われるような……いや、思われなくても、自分の中で納得できるぐらいスゲー曲を書けるようになりたいです。

自分にコンプレックスを抱えている部分もあったので、自分に自信が持てるような人間になりたくて。

金銭的な成功は望んでいないという黒魔さん。

もうけようと思って東京に出てきたわけでは全くないです。

いろんな人と話したりつながって、面白いことをやりたい。

今は音楽しかないので、やれるところまで音楽をやりたいですね。

さいごに

中2の時に笑われた男子が、6年の間に必死でもがいて、そしてVOCALOIDとネットと出会いついに上京。

「夢は、努力した人だけが必ず叶う」今回は、このそんなお話でした。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。