12歳のアイドル収録中にヘリウム吸い意識不明、テレ朝が謝罪会見

wpid-8of2npkmlq1-1ces1cvzynz2ozh5jkzn4lgfjl6h8dflglcpkdzlukbbzbeq1sbcgmc5gdwv0ohtiv-u5s4jte9pvypt_qhmuplktgnjk7dq3jd16xjlianwpu-hw470-h313-nc.jpeg.jpeg
スポンサーリンク

テレビ朝日は4日、都内で会見し、1月28日に本社スタジオ内で、BS朝日で放送している「3B juniorの星くず商事」の収録中にアイドルグループ「3B junior」の12歳の女性メンバーが倒れ、意識不明となったため、救急搬送されていたことを明らかにしました。

ヘリウムを吸って脳空気塞栓症に

倒れたメンバーは病院で現在も専門医の治療を受けているといいます。

専門医によると、脳の血管に空気が入り、血流を妨げられている状態で「脳空気塞栓症」だという。

なぜこんなことが起きたのか?

image

テレビ朝日の会見によると、収録時、26人のメンバーが5人1組で、ヘリウムが入った声を変える市販のパーティーグッズを使ったゲームを行っていたといいます。

メンバーの1人が意識不明となったのは、ガスを一気に吸ったことによるものとみられています。

パーティーグッズには「大人用」と記載されていましたが、番組スタッフが見落としていた。3B juniorのメンバーは10歳から16歳。

「吸うと声が変わる」というガスが入っていた缶は5000cc。ヘリウムが80%で酸素が20%だという。

商品は日本製で、市販されているもので、警視庁の実況見分が行われました。

スポンサーリンク

現在も意識がはっきりしていない

武田徹常務取締役は「当初は早い回復が見込まれ、容体の推移を見守っていたことなどから公表を控えていたが、専門医の診断結果を得ることができ、新たな治療によって回復の兆しも見られ始めたことから、ご家族のご了解もいただき、皆さまにお知らせすることにした」と説明しました。

専門医の説明によれば、4日には食事をすることもできるようになったが、意識は十分には戻っていないということです。

現在完治を目指している状態。

番組放送中止も検討中

番組は2月24日に放映予定だが、中止も検討しているといいます。

テレビ朝日は「収録時の安全管理に問題があった可能性もあり、深く反省している」としました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。