東芝、工場を売却しテレビ生産から撤退へ

wpid-ieftvji4x8r9nodmjjkylc_0e2qcmsgqy8sxkzuxv1ydefjluxje16odtvfkifkft7cuh1jutxwslbyosg8zp89pjtd-ghrk6fzuuvpbrtkqdokt-qx39k9iq5hedlaaaczi7pjnhg0w494-h298-nc.jpeg.jpeg
スポンサーリンク

東芝が赤字が続くテレビ事業の収益改善に向け、テレビの自社生産からの撤退を検討していることが3日分かりました。

スポンサーリンク

今後の東芝は?

インドネシア工場とエジプトの合弁工場を売却する方向で海外企業と交渉していて、4月までの合意を目指しています。

スポンサーリンク

開発は続ける、生産からは撤退

image

東芝は先月29日、海外のテレビ事業について、自社による開発と販売を3月から順次終了すると発表。

高画質の「4K」など高級品の需要が期待できる国内販売に専念する方針を明らかにしていました。

東芝は既にテレビ生産の大半を海外メーカーに委託しています。

自社生産からの撤退後も国内向けに開発を続けるが、生産はすべて他社に委託する予定です。

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。