ゴールデンボンバー「初日公演のみ演出無し」を発表!

IMG_4020.JPG
スポンサーリンク

ゴールデンボンバーのライブと言えば、あの独特なパフォーマンスや演出が話題ですが、鬼龍院翔さんが自身のブログで演出(パフォーマンス)無しのライブを行うことを発表しました。

いつの公演が演出無しになる?

ビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが27日、オフィシャルブログを更新しました。

今年の全国ツアーは、7月4日の千葉・市原市市民会館を皮切りに、11月12日と13日の東京・国立代々木競技場第一体育館まで全29公演を行います。

ステージ上でのパフォーマンスが話題のゴールデンボンバーですが今年の全国ツアーを締めくくる東京公演の初日のみ、演出を行わないことを発表しました。

スポンサーリンク

何故演出無しで行う?

鬼龍院翔さんは「まだ演出内容は決めてないのですがいつものように仕込みまくりの相変わらずな下らないことに全力馬鹿な内容にしたいと思います」「今年のツアーも演出内容は基本的に全公演同じです」とコメント。

しかし「演出一切無しでやってみようということになりました」と11月12日の公演のみ演出を排除することを明かしました。

そして、「全公演同じ演出なのですが、その日だけはギターソロで小道具を出したりしない!ドラムソロでケツを出したりしない!(どこかで突然勝手に出すかもだけど)」と宣言。

演出を排除することによって「曲前のMCでは演出のフリを話さないで良いので別の話ができる音楽・ライブの流れが演出によって遮られないとりあえずきっと戸惑うメンバーなどなど…僕が思うに、なんとか楽しめるんじゃないかなと思って提案させていただきました」とコメント。

ブログで新たな可能性を見出した上での決断だったことをつづりました。

やっぱりエアーバンドです!

また、「あと、こうなるときっと誰もが頭をよぎるんだと思うけど、メンバーみんなで生演奏でやるとかでは決してありません」と生演奏を否定。

「今年もiPod nano第五世代様にバッチリ活躍してもらいます!」とコメントをしました。

演出無し公演が好評だった場合は?

「仮に超超超大好評だったとしても下らない演出ばっかり今後もやっていきます」とこれまでどおりのパフォーマンスは維持していくとしています。

「演出なし、どんなライブになるか…う~ん、とりあえずやってみよ!だめだったら反省します!なにか見えたら活かします!」とファンに呼びかけました。

このタイミングでの発表の意味

「注意することといえば、初めてゴールデンボンバーのライブを見る人には向かないかな…きっと、いつもどんな風にライブでふざけた演出をしてるのかを知ってからでないと」

「チケット発売のしばらく前に言っとかなきゃと思って、今書いております」とファンを気遣う鬼龍院翔さん。

この辺りの謙虚さが売れても調子に乗らず、ファンがついてくる理由なんですよね。

ちゃぴの一言

演出無しライブ!見てみたい気もしますが東京は行けませんねー…そもそもチケットの倍率凄そう。奇遇にもこの演出無しライブの日は私の誕生日なんですよ(どうでもいい)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。