E-girls、26人から20人に再編成!原因は何故?

IMG_4019.JPG
スポンサーリンク

ガールズユニット「E―girls」が現在の26人体制から20人へと再編することが27日、公式ホームページで発表されました。

26人から20人へ、理由は?

「Dream」「Happiness」「Flower」の各グループから成っていた「E-girls」。

さらに下部組織として「Rabitts(高校生以上)」「Bunnies(中学生以下」が構成されています。

今後は各メンバーの成長度によって下部組織への降格や、E―girlsへの昇格が行われていくという。

つまり強肉弱食の世界。強きもの(実力の高いもの)は表舞台で活躍することが出来るというシステムになるようです。

E-girls再編成の理由

細かく分かれている構成の中で「E―girls」は毎年メンバーの見直しがされていました。

現在の26人のメンバーの現在の状況と今後の成長を検討し、新たに20人体制に形を変えるということが理由だそうです。

メンバー構成について「作品やメディアに合わせて、ベストなフォーメーションで臨んでいきます」と説明した。

降格メンバー

今回降格するのは生田梨沙(22)、武部柚那(16)、渡邉真梨奈(22)、稲垣莉生(16)、萩尾美聖(16)がRabitts。

中島桃花(14)がBunniesへ降格します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。